アクセスカウンタ

労働安全衛生法に基づく
巡回による 健康診断のごあんない


▼健康診断は毎年受けていますか。

 健康であることは、働く人の基本です。そのためには年1回は健康診断を必ず受けましょう。自分の身体の状態を知っておくことは大切なことです。正常時のデータをきっちりおさえておきましょう。


▼健康診断の実施は、事業主の務めです。

 労働安全衛生法により、事業主は従業員に対する健康診断を定期的に実施する義務があり従業員はそれを受診する義務があります。 (労働安全衛生法第66条関係)


▼健診結果を、全社的健康管理に有効活用していますか?

 健診データの積み重ねは、従業員の健康状態を把握できるばかりでなく適正配置等、作業に大きく反映され事業場の衛生管理レベルを評価する上でも、貴重な資料となります。


▼健診後、二次健診・個別指導等を希望される場合は、随時受け付けます。ご相談下さい。

健診料金について

◇定期健康診断(安衛則第44条)

A 健診・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 2,900円

B 健診・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 7,600円

☆胸部X線撮影のデジタル化により28年度より価格を改訂しております。

※注 労働安全衛生法に基づく健康診断の前項目は、B健診を言います。

但し、初任時健診以外は、医師の判断により35才未満及び36~39才の方は一部省略(A健診該当)することができます。(この場合の受診年齢については、受診される年の4月1日~翌年の3月31日までに該当満年齢に達する人が該当です)

※注 「腹囲測定」については、別紙『健康診断のごあんない』に記載の省略基準を参考にして下さい。

 

◇雇い入れ時健康診断(安衛則第43条)・・・・・・・・・・ 7,600円

◆鉛 健康診断・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 6,800円

◆有機溶剤健康診断  キシレン・・・・・・・・・・・・・ 4,300円

           1・1・1-トリクロルエタン ・・・・ 4,300円

           トルエン・・・・・・・・・・・・・ 4,300円

◆電離放射線・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 3,000円

◆じん肺健康診断・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 3,500円

◆特化則関係     クロム酸等・・・・・・・・・・・・ 2,100円

           コールタール・・・・・・・・・・・ 2,100円

◆指導勧奨による特殊健康診断

           紫外線・赤外線・・・・・・・・・・ 2,000円

           騒  音・・・・・・・・・・・・・ 1,500円

           チェンソー(及びそれ以外の振動工具)6,500円

           VDT作業(雇入れ時・配置前)・・ 6,000円

           VDT作業(定期健診)・・・・・・ 4.500円

◇その他       血液検査項目の充実・大腸がん検診等 ご相談下さい。

◇生活習慣病健康診断 ①労働安全衛生法に基づく健診と同時にできます。

           ②検査項目は、各自・各職場環境にあわせて自由に組めます。

           ③組合健康保険と提携して実施も可能です。

 

「腹囲の検査」の省略について

下記の(1)~(4)に掲げる者について、医師が必要でないと認めるときは、腹囲の検査を省略することができます。

(1)40歳未満の者(35歳の者を除く)

(2)妊娠中の女性その他の腹囲が内臓脂肪の蓄積を反映していないと診断された者

(3)BMI(※)が20未満である者

  ※ BMI = 体重(kg)÷ ( 身長(m)× 身長(m))

(4)自ら腹囲を測定し、その値を申告した者(BMIが22未満である者に限る)